40代からのボケ防止?脳若返り認知症予防アロマを実際に使ってみた口コミと効果

コスメ

「あれ?今何してたっけ?」

とうっかり・ぼんやりなどの物忘れ。私は40代ですがほんとーーーに物忘れが酷くて本気で認知症なんじゃないだろうか…と悩んだこともありました 😥

酷いときは

  • 「買うものを忘れないよう」にとメモした紙を家に忘れてくる
  • 「絶対忘れないように」とマジックで手の甲に書いたことを忘れる
  • カレンダーに予定を書き込んで忘れる

などなど…冷蔵庫の中身、タマゴまだ残ってたっけ…とダブって買い物してしまうこともしょっちゅうでした。

そんな時TV番組で「たけしの家庭の医学」でも放送していたアロマ療法が脳を若返りをさせてうっかりや認知症予防になると聞き、独身時代はアロマテラピーが大好きだったので早速お試ししてみることにしました。

うっかりボケが多い40代管理人が脳若返り認知症予防アロマを実際に使ってみた口コミと効果

脳若返り認知症予防アロマの口コミ

私がお試ししたのは彩生舎の昼用/夜用ブレンドアロマ2本セットです。

彩生舎のアロマは通常のエッセンシャルオイルも販売していますが脳若返り用のブレンドアロマを販売しています。

アロマオイルを持っているなら自分でブレンドすることも可能ですがめんどくさいですしそのために何本も揃えるのが大変ですしお金がかかりますからね(;’∀’)

昼と夜、それぞれ2本あればかなりたっぷり使うことが出来ます(毎日3滴程度使用で2~3カ月くらい)

まずは

お昼のさわやかアロマ

脳若返り認知症予防アロマの口コミ

お昼のアロマはローズマリーとレモン

お昼のアロマはちょっと柑橘系のツンとするレモンの香りがフレッシュな感じです。

私の時はなかったのですが今ならおやすみひつじのテラコッタがついているので部屋で使う時はテラコッタに数滴垂らすだけでOK

脳若返り認知症予防アロマの口コミ

100円ショップでもアロマポットなどが売っているので寝室やリビングなど場所に合わせて変えてもいいですね。

お昼のアロマの香りは柑橘系の香りなのですがローズマリーのせいなのかな?スーッと鼻通り?がいいです 😀

続いては

夜のゆったりアロマ

脳若返り認知症予防アロマの口コミ

こちらは昼の香りに比べてぐっとフローラルな香りで癒されます。ラベンダーとオレンジのブレンドオイルなんだそうです。

優しくてふわ~~~んとする香りです。

日本ではリラックスやリラクゼーションなど趣味の範囲のアロマテラピーが多いですがフランスでは200年以上の歴史があり、濃度が高いエッセンシャルオイルは五感のひとつである「嗅覚」を通じて直接「大脳辺縁系」に働きかけると言われています。

脳若返り認知症予防アロマの使い方・何時間使えばいい?

脳若返り認知症予防アロマの口コミ

使い方に決まりはないですが推奨されているのは昼用アロマは昼間に2時間以上嗅ぐ。

夜は就寝1時間前くらいから2時間以上嗅ぐとリラックス効果があるそうです。

使い方は先ほどのおやすみひつじテラコッタに垂らしたり、アロマポットやお湯を入れたマグカップ(匂いがつくのでアロマ専用にする)やめんどくさいときはティッシュペーパーを折りたたんで3滴たらしたのでも全然OKですよ(めんどいときよくやります^^;)

昼用・夜用どちらかのアロマだけじゃダメ?

私は個人的には夜用のゆったりアロマの香りが好きなので夜用のアロマだけじゃダメかなと思っていたのですが脳若返り認知症予防でアロマを使うなら昼用・夜用両方使った方がより効果的なんだそうです。

何故かというと

お昼のさわやかアロマは神経細胞を活性化させてくれ、夜のゆったりアロマで疲れた神経を鎮静化させる効果があるから。

ちゃんと2本セットというのに意味があるんですねぇ。

私は年のせいか最近眠りが浅くて何度も目が覚めてしまうこともしょっちゅうだったのですが、アロマを使うようになってからは睡眠が深くなったというか夜中に目覚めることもなく「よく寝たー」と思う日が多くなりました。

あと癒される香りなのですぐ眠れます 😉

お昼のアロマは頭がシャキッとするので仕事前に嗅ぐようにしたら効率も上がった気がしますよ。

ちなみにアロマは認知症予防効果もあるので認知症が多くなる60代からよりも40代・50代から始めたほうがいいそうです。

脳若返り認知症予防アロマの口コミ